エレキベース

担任制個人レッスンです。

ベースで音楽を楽しむために重要な、ネックを握る左手のフォーム、左手フィンガリングなどベースの基礎の確認から始まり、ピック奏法、フィンガリング奏法など基礎のベース奏法を習得できます。またスラップ(チョッパー)や、スライドやグリッサンド、カッティングなどライブで活躍できる奏法も学べます。是非、理想のベースプレイを見つけましょう!

対象年齢5歳位から大人の方まで、音楽未経験の方からご経験者の方まで、レッスンを始めていただけます。
レッスン楽器レッスン室に常備しております。(分数楽器をご利用の方は、楽器のご持参をお願いする場合がございます。)
教材「Walking Jazz Lines」 Jay Hungerford著/「Building Walking Bass Lines」Ed Friedland著 「Bass IMPROVITION」Ed Friedland著/「New Method For The Double Bass」F・シマンドル著

各教室の開講曜日

 
JR大阪・梅田
JR尼崎駅前
神戸六甲アイランド 準備中
阪急甲東園駅前 準備中

(体験レッスンのお申込みについて)
・ご希望教室・曜日・お時間帯をお知らせ下さい。
・レッスンのご希望等ございましたら、講師及びスタッフまでお知らせ下さい。/p>

>

べースについて

Kontra Bass(コントラバス)、Double Bass(ダブルベース)、ウッドベース(和製英語)とも呼ばれるこの楽器は数ある弦楽器の中でも最低音のパートを奏でる事が多く、太くて暖かい音が魅力です。又、他の楽器を音に乗せて音楽を支える、真に「縁の下の力持ち」という言葉が似合う楽器です。

奏法は、ピチカート(指弾き)アルコ(弓弾き)スラップ(弦を叩いたり、引っ張ったりする奏法)と曲やアレンジによって音を使い分ける事ができ、ジャズ、クラシック、ラテン、ポップス等、多様化するジャンルの中でも沢山の人に親しまれています。

レッスン内容

JAZZ

※Jazz Bassのレッスンでは、オリジナルのウォーキングベースライン作りを目標とします。コードに対する理解を深め、進行に沿って、最適な音を導き出しましょう。
※ある程度慣れてくると、様々なアイデアを試してみたくなります。リズミックなアプローチや代理コードの応用等、いろいろチャレンジしてきましょう。

  • 4beatのラインの作り方
  • リズムアプローチ
  • ハーモニー 「Bass Improvisation」  Ed Friedland著
  • ダイアトニックコード
  • アドリブ研究

クラシック

  • ボーイングの基礎(弓)
  • 各ポジションの練習

ウォーキングベースとは?

ジャズ等で聴かれるベースライン(ベースフレーズ)で、その名の通り、歩いているような雰囲気を醸し出します。コードトーンやクロマティックの音を使いながら構成していきます。

ベースラインも複雑に思われがちですが、ウォーキングベースを理解することで、多様な音楽のジャンルに応用していただけます。

ご自身のペースで楽しみながら、しっかり習得していきましょう。アール・エイチ・ワイでは、バンドやオーケストラで演奏する機会もありますので、ほかの楽器との演奏も楽しんで頂けます。

講師紹介

  • 大嶺 泰史
  • 甲陽音楽院卒業。
    アールエイチワイエレキベース、ウッドベース科講師
    沖縄県宜野湾市出身