アール・エイチ・ワイ音楽教室
OPEN 10:00~22:00

北村 沙希 フルート講師

~音楽、そしてフルートとの出会い~

私は4歳のときに、自分から習いたい!と言いピアノを習い始めました。電子ピアノも買ってもらいましたが、なぜかピアノが全く好きになれず、練習もしませんでした。

母親にはいつも「月謝を払っているのに練習しなかったら、ドブにお金捨ててるのと一緒よ!」と言われ続けていましたが、それでも練習しませんでした。

小さい頃から歌うことが大好きだった私は、小学校中学年辺りから、ピアノに加えて歌も習い始めました。ピアノと同じ先生から歌も習っていたのですが、その先生は伴奏をしてくれるだけで、歌うことに関しては何も教えてくれず、物足りなさを感じていました。

 

そんな日々を送る中、私の通う小学校に、中学生の吹奏楽部の方々が来られ、演奏を聴く機会がありました。その時に、とても小さくて可愛らしい楽器「ピッコロ」に出会ったのです。

 

私は中学校へ入学すると、すぐに吹奏楽部へ体験入部をして、顧問の先生に「ピッコロが吹きたいです!!」と志願しました。ですが先生からの返答は「ピッコロをするには、まずフルートが吹けないといけないよ」というもので、それがフルートを始めるきっかけとなりました。

フルート担当として吹奏楽部には入れたのですが、ここでさっそく、くじけました。

幼少期からピアノを習っていたにも関わらず、楽譜が全く読めなかったのです。

周りにはピアノを習っていたことを話していたので、楽譜を読めないとは言えず、同じくフルートを担当している友人が練習しているのを聞いて、真似て吹いていました。そのため自然と耳が鍛えられ、卒業までの3年間で楽譜も自然と読めるようになり、念願だったピッコロも吹けるようになりました。

 

その後、高校へと進学した私は、吹奏楽部とダンス部どちらに入るか迷いました。

とても迷った結果、吹奏楽部へ入るのですが、決め手は吹奏楽部にイケメンがいたという、たったそれだけの理由です。(笑)

 

高校の吹奏楽部では、中学生の頃よりも一層ハードな練習の日々を送っていました。

そんなある日、姉の結婚が決まり、私は披露宴でフルート演奏をすることになりました。人前でソロの演奏をするのは初めてでしたが、それほど緊張せずに演奏していたと思います。

その時、私の演奏を聴いた祖父が涙を流してくれて、私は人前で演奏する心地良さ、感動をおぼえました。

 

そして音楽が専攻出来る大学へと進むことを決意し、大阪芸術大学へ入学しました。

ここでまた私はショックを受けます。

 

ただフルートが吹きたいというだけで入学した私は、周りのレベルの高さ、知識量に驚きました。

あの頃はモーツァルトがフルートの為に協奏曲を作っていた事も知りませんでした。私の知識はドラマと映画で観た”のだめカンタービレ”のみだったのです。

 

そこから色んなCDを借り、本を読み、コンサートへ行き、1曲ずつ知識を増やしていきました。実技の面でも、中高6年間おかしなアンブシュア(楽器を吹くときの口の形)で吹いていた癖が良くならず、その時の担当の先生が、1年以上かけて直してくれました。

先生に教えていただいた様々なことが、私自身が講師として教える際に、とても活かされていると感じます。

 

がむしゃらに練習と勉強を重ねて2年が過ぎた頃、大学に入ってから初めての実技試験があり、その時にトップの成績を頂くことができました。

自分でもとても驚きましたが、その後はトップの成績で卒業することが目標となります。

卒業までの間も、先生をはじめ先輩や友人、後輩にも恵まれて、より上手くなりたいと思える充実した日々を過ごすことができました。

 

また、在学中から中高生の吹奏楽部へ教えに行くようになり、自分の言葉で上手くなっていく方々を間近で見る喜びを知ることができました。

その頃から、教えることを職業にしたいと考えるようになりました。

教員免許も取得しましたが、私はフルートを教えることに集中したいと思い、学校の教師にはなりませんでした。

 

今では様々なお仕事をされている方にフルートを教えています。教えるということは、その都度私も学ぶということだと思っています。個人個人で性格も癖も何もかも違うのですから、教える立場の私も色々な方向から対応できるよう心がけています。

 

練習が嫌いだったにも関わらず続けていたピアノ、イケメンがいたからと不純な動機がきっかけで入った吹奏楽部、音楽を始める理由は些細なものでした。

フルートを学ぶ上で私自身が沢山悩んだからこそ、新しくフルートを始められる方や、上達に行き詰っている方のお悩みにも寄り添えると思います。

そんなお悩みをひとつずつ、一緒に解決していける講師を目指しています。

 

普段、想いを伝えるのが苦手な方も、フルートを通して誰かに想いを伝えてみませんか?

そのお手伝いを、私にさせて頂ければ嬉しいです。

 

 

Our Courseレッスン科目

Supportレッスンサポート

1

入会金・施設費不要

レッスン料金と教材費だけご用意下さい。

2

年齢・レベルUPによる値上げ無し

年齢やテキストのレベルが上がっても料金値上げはありません。

3

テキスト購入は最小限

目的や希望に合わせた範囲内で教材費は必要最小限に。

4

楽器購入の強要無し

レッスン用楽器常備・自宅用楽器貸出有楽器は買わなくてOK

5

月4回・年48回レッスンを実行

ひと月4回・年48回レッスンが基本しっかり学べます。

6

担任制個人レッスン

一人ひとりに合わせたレッスン効率の良い上達が望めます。

7

レッスンは時間割制

自分のペースで通えます。教室都合の日程変更はありません

8

振替・休会システム

急病や忙しい月もレッスンは無駄にしません。

9

イベントは全て自由参加!

全て自由参加です。参加強制は一切ありません。

10

講師へのお礼は一切お断り

発表会のお礼や季節の贈答品等、全てお断りしています。

11

電子マネー・クレジットにも対応

支払方法が選べます。現金支払の場合は、領主書を発行します。

Locations教室案内

JR大阪・梅田センター

JR大阪・梅田センター アクセスマップ

大阪市北区梅田1-1-3
大阪駅前第3ビル2F-14号

JR尼崎教室

JR尼崎教室 アクセスマップ

尼崎市潮江1-20-1
アミング潮江イーストA2-104

阪急甲東園教室

阪急甲東園教室 アクセスマップ

西宮市甲東園1丁目5-30
ウエストビル2階・3階

JR甲子園口教室

JR甲子園口教室 アクセスマップ

西宮市甲子園口
2丁目14-14

Informationインフォメーション

アール・エイチ・ワイ音楽教室 クラシック科では、クラシック音楽を重視したテキストおよびオリジナルのテキスト(どちらもパブリックドメインが基本)を使用してレッスンを行っています

LINE@はじめました。
▲▲
◎電子マネーがご利用いただけます。
  • apple pay
  • quicpay
  • nanaco
  • iD
  • waon
  • Rakuten Edy
  • icoca
  • suica
  • pasmo
  • sugoca
  • kitaca
  • toica
  • hayakaken
  • nimoca
  • monaca
◎取り扱いクレジットカード
  • VISA
  • mastercard
  • Rakuten Card
  • JCB
  • AMERICAN EXPRESS
  • Diners Club INTERNTIONAL
  • DISCOVER
このページの閲覧数:250/本日の閲覧数(全体):200/総閲覧数(全体):697181