(!) 新型コロナウィルス感染症の対応について(2020年12月14日更新)

A-3 ベヒシュタインフルコンサートグランドピアノ

スタジオについて

  • 約13畳の広さ
  • 壁の一面を鏡張りにし、より反響しやすく
  • 床材はフローリングを使用し、出来るだけ音の吸収を防ぐ設計
  • ※隣接しているA-4スタジオの音が多少聞こえる場合がございます。演奏時はそれほど影響はありませんが繊細な録音などにお使いの場合は、A-4スタジオも押さえていただけると他の音が入らなくなります。

設置ピアノについて

世界三大ピアノメーカーの一つであるベヒシュタイン。
その特徴として「柔らかく透明感のある音」、「音の立ち上がりの速さ」が挙げられます。

透明感のある音は、ピアニストが持つ個性を引き出し、その人特有の音色に表情を変えると言われているため、普段国産ピアノを弾いている方、スタインウェイを弾いている方も違和感なくご使用いただけます。
また、タッチに瞬時に反応するハンマーアクションや充分な弦の長さを持つことで、音の立ち上がりの速さを得ています。コンサート前の指馴らしだけでなく、普段の指の訓練としても最適なピアノです。
このピアノのタッチで慣れておくと、どのメーカーのピアノで本番を迎えても安心して臨むことが出来るのではないでしょうか。

ベヒシュタインのピアノの特徴である「音の柔らかさ」・「音の立ち上がりの鋭さ」をより体感していただけるよう、床材はフローリングを使用し、出来るだけ、音の吸収を防いでいます。
音の立ち上がりから減衰までしっかりわかるようになっておりますので、音の立ち上がりや消えていくときの美しさを記録したい場合はこちらのスタジオがおすすめです。

鍵盤のタッチ感は国産ピアノに比べると若干重めです。落ち着いた上品な音色がお好みの方はこちらのピアノがお勧めです。

 

▲