バイオリンやチェロ等の弦楽器を中心に、梅田教室・尼崎教室・神戸六甲アイランド教室・阪急甲東園で音楽レッスンを開講中♪ 教室の様子や音楽の話、イベントのお知らせなど、アップしていきます。

クレベリンでピアノの部品は錆びるのか?

 

以前、クレベリンは金属を錆びさせる力が強いので、注意が必要です…!とお伝えしました。

https://rhyg.jp/tuning/?p=2115

 

SNSなどでもよく聞きますが、実際はどうなのか…|・ω・)

簡単に検証してみました☆

 

 

【検証方法】

クレベリンとピアノの部品をビニール袋に入れ、24時間後の状態を確認しました。

 

 

【検証する部品】

・弦(芯線は鋼鉄、巻線は銅)

・チューニングピン(鋼鉄)

・ペダル(真鍮)

 

※どの部品も使用済みの、もう使えない物を使っています。

 

 

①検証前の状態です。

どの部品もサビが無い状態です。

 

 

②これをクレベリンと一緒にビニール袋に入れ、密閉します。

※本来は、狭い密閉空間で使用してはいけません

 

 

③24時間後、開封して状態を確認

どんな状態になっているのか………(゚∀゚)

 

 

 

【写真を並べて比較してみました】

巻線(オレンジ色の銅が巻きつけられている部分)は特に色の変化が有りませんでした。

ミュージックワイヤー(シルバーの輪になっている部分)は全体的に錆が発生しています。

 

 

チューニングピン

もちろん同じ物の写真です。

密閉していたので、一晩でもこれだけ錆びました。

一目瞭然です…

 

ペダル

ほとんど変化は有りませんでした!

 

 

【結果】

材質によって、錆びやすさが違うのがわかります。

・弦やピンは鋼鉄で出来ているので、酸化しやすく、錆が発生

・巻線は銅、ペダルは真鍮で出来ているので、一晩では見た目の差がわからない程度

(真鍮は、銅と亜鉛の合金で、錆びにくいのが特徴です。金管楽器にも使われている金属です。)

 

 

クレベリンにここまでの効果があるとは思っていませんでした…。

弦は錆びると演奏中に切れやすくなります。今回は、袋で密閉して一晩で急激に酸化させましたが、やはり広いお部屋でもご家庭でも置く場所と置き方には気をつけた方がいいと言えます(´`;)

 

 

 

 

室内に設置のクレベリンについて

先日、梅田、甲東園、尼崎、甲子園口の室内にクレベリンを設置しました。

いくつかお問合せがありましたので、解説致します。

 

【クレベリンとは?】

 

クレベリンは、空気中の目に見えないホコリやチリに付いている菌やウイルスを除菌するためのものです。

 

 

【主成分】

二酸化塩素です。

この分子は、強い酸化力を持つことから、ウイルス除去、除菌、消臭、抗カビに効果があるとされています。

(小麦粉処理剤、プール用の水の消毒、浄水場での消毒等)

 

強い酸化作用がある=金属にサビが発生しやすいということになります。

 

 

【ピアノの部屋に置いても大丈夫?】

ピアノは色々な種類の金属が使われているため、置き方に注意が必要です。

譜面台の上、鍵盤の横、ピアノ本体の上に直接置くと、弦やピアノ内部の金属にサビが発生しやすくなります。

そのため、多くの楽器関係者の皆さんがピアノの部屋に置かないでください、と注意喚起をしているのでは考えます。

 

実際、取り扱い説明書にも、狭い部屋では使わないこと、貴金属と精密機器の間近では使わないことが明記されています。

もしご家庭でクレベリンをピアノのお部屋に置いていたという方は、弦のチェックをしてみてください。

 

 

【ピアノの金属が錆びるとどうなるの?】

弦が切れる等、演奏に支障が出てきます。

その他にもピアノ内部には多くの金属が使われています。

ハンマー等が取り付けられているアクション(打弦機構)が動かなくなったり、音が出にくくなったりします。

 

 

【教室には置いても大丈夫なのか】

以上の注意点を踏まえて、

・ピアノから離れた場所に設置しています。

・室内は十分な換気設備を有しております。

・取扱説明書にもあるように狭く密閉された空間を作らないようにしています。

 

また、定期的に調律師がピアノの状態をチェックしております。

極力ピアノへの影響を少なくした上でクレベリンを設置致しました。

 

 

【最後に】

レッスン再開にあたり、皆様に安心してお部屋をご利用いただけますよう、様々な取組を実施しております。

クレベリン設置に際してピアノのご心配を賜り、ありがとうございました。

 

ピアノは修理で直せますが、ウイルスに感染しては命を落としかねません。

少しでも感染リスクを減らし、安全な状態で皆様にご利用いただくために、感染防止策を徹底してまいります。

皆様には、ご不便をおかけすることも出てくるかもしれませんが、ご理解、ご協力くださいますようお願い申し上げます。

 

 

 

youtubeに動画をアップしました。

こんにちは、だんだん暖かくなってきました。

人出も多くなってきましたがまだまだ油断は出来ません(~_~;)

 

前回はハノンの練習動画に続き今回はガーシュインを演奏しています。(続きの2番と3番は動画の概要欄からどうぞ)

この曲弾きたい!という方は、レッスンが再開したら取り組んでみませんか?

 

また他の動画もupしていく予定ですのでお楽しみに♪

 

ピアノ講師 : 佐野

ピアノクリーニング Part2

 

Part2 金属のサビ取り

 

以前、内部の掃除をしたのは下準備のようなもので、これから本格的にクリーニングに入っていきます。

今回は鍵盤を支えている「キーピン」と呼ばれる部分を磨きますo(^▽^)o

 

 

☝この部分です。

銅と亜鉛の合金、真鍮という金属でできています。

柔らかくて加工しやすいのが特徴で、アクセサリーや家具、仏壇、5円玉にも使われているとても身近な金属です。

錆びやすいのが難点です(´-ω-`)

 

↓ 磨く前(全体的にくすんでいます)

 

↓ 磨いた後 光沢が戻りましたヽ(*´∀`)ノ

このキーピンを磨くと、鍵盤の滑りが良くなります\(^^)/

 

↓ ペダルも同じ材質です。磨くと綺麗になったのがわかりやすいかと思います。

 

 

鍵盤は88鍵。それを2箇所で支えるので、磨くピンは合計で176本。

磨くこと自体は楽しいのですが、久しぶりに作業するとさすがに肩が凝りました(;´∀`)

 

クリーニングまだまだ続きます…

 

ピアノクリーニング Part1

 

教室に設置されているピアノ。

日頃からよく稼働しているので、時間をかけてリフレッシュしていきます\(^o^)/

今回は普段の調律とは違った作業、修理やメンテナンスを中心に取り組んだので、その様子をぜひご覧ください♪

 

 

Part1 溜まったほこりを掃除

 

普段は見ることの無い鍵盤の下。

なかなか掃除もできないので、ほこりが溜まりやすい箇所の1つです。

 

見てみると………

 

 

かなり溜まってますね!!!

ヘアピン、輪ゴム、お菓子の袋、付箋やシールなど、ほこり以外にも小さな物をつい落としてしまいます。

 

まずはこのほこりを掃除機で吸引。

それでも取れないごみは雑巾で拭き取ります。

 

↓ 掃除後がこちら ↓

 

かなりスッキリしました(^∀^ )

ほこりは湿気を吸いやすいのでピアノにとっては大敵です。

 

ちなみに鍵盤はこんな感じで入っています。

 

 

 

掃除が終わったら細かい作業に入ります。

また後日アップしていきますヽ(・∀・)ノ